にんにく卵黄サプリは脳梗塞予防にも効果的!

にんにく卵黄サプリは脳梗塞予防にも効果的!

治療が遅れると死につながるリスクが高く、運良く早期に治療できたとしても後遺症に悩まされることの多い脳梗塞は、脳の細い血管に血栓ができることによって引き起こされます。
血栓は動脈硬化によって血管が硬くなって柔軟性が失われるとできやすくなるので、動脈硬化の進行を抑えることが脳梗塞の予防に効果的といえます。
動脈硬化は、高血圧や糖尿病の影響でも進行しますが、特に食生活が乱れることで血液中の中性脂肪やLDLコレステロールが増加して血液中に過酸化脂質がつくられることで加速度的に進行していきます。

 

こうした動脈硬化による脳梗塞を予防するためには、『にんにく卵黄サプリ』が有効といわれています。
にんにく卵黄サプリの主成分であるにんにくには、ビタミンB1とアリイン、スコルジニンという有効成分が多く含まれています。

 

人間は炭水化物などの糖質を摂取するとブドウ糖に分解して吸収し、これを利用して活動のためのエネルギーをつくっていますが、残ったブドウ糖は肝臓で中性脂肪に作り変えられて脂肪として蓄積されるため、体脂肪の増加や血液中の中性脂肪値の上昇につながってしまいます。
ビタミンB1には、糖質からエネルギーをつくる代謝機能を活発にする作用があるので、新たに肝臓で中性脂肪がつくられるのを抑える効果が期待できます。
アリインにはビタミンB1と結びついてビタミンB1の吸収効率を高めるとともに、ビタミンB1と協力して血糖値を下げるホルモンでであるインスリンの分泌を促して血糖値を下げる効果があります。
スコルジニンには、血管を拡張して血流をスムーズにする作用があり、高血圧を改善して動脈硬化の進行を抑える効果が期待できます。
また、過度のストレスなどの影響で体内で過剰につくられる活性酸素は、血液中の中性脂肪やコレステロールを酸化させて過酸化脂質をつくりますが、アリインや卵黄に含まれるビタミンEとレシチンには、活性酸素を取り除く抗酸化作用があるので、にんにん卵黄サプリを摂取することで血液中の過酸化脂質を増えにくくすることができます。

 

このように、にんにく卵黄サプリには血流をスムーズにして動脈硬化の進行を抑える有効成分が豊富に含まれていますが、にんにく特有のにおいが苦手だという方も少なくないものです。

 

また、たとえ自分が大丈夫でも、にんにくのにおいは他人に不快感を与える場合もあるので、平日に仕事場で職場の同僚に会うときや休日に友人などに会うときなどににんにくを食べて出かけるのはエチケット違反となります。
こうしたときでも、にんにくと卵黄の有効成分をソフトカプセルに閉じ込めたにんにく卵黄サプリならば、においを気にすることなく利用できるので、脳梗塞を予防したいという方はにんにく卵黄サプリを購入し、毎朝摂取して出かけるのがお勧めです。